防犯カメラさえあれば・・・

今からおよそ2年前、自宅の駐車場で車上荒らしに遭い、
買ったばかりのカーナビを盗まれました。

もちろん警察に連絡したのですが、
車上荒らしの犯人特定は絶対的な証拠がない限り
非常に難しい、とのこと。

家賃の安さにつられて人通りも少なく、暗い場所を選んだばかりに...。
あの時はほんとに涙を飲んだものでした。
せめて証拠さえあれば。


それから1年ほどして新築のマンションに引っ越しました。
今度は大通り沿いにある比較的死角がないようなマンションです。

しかし、それだけで油断していたのがいけませんでした。

最初はステッカーがなくなっていることに気づきました。
しかしその時は
「まあ、スッテッカーくらいいいか」
「ステッカーだけ盗ったところでどうしようもないし」
などど思い、特に対策をせずこれまで通りそこに駐車していました。

それから1週間後位でしょうか。
次は反射板でした。

この時点まではまだ自分の過失か、もしくは小学生のイタズラだろう
という程度にしか考えていませんでした。

しかし1ヶ月後、ついに車がが動かなくなったのです。
調べてもらうと配線が切られていました。

これにはさすがにショックを隠せませんでした。

結局再び交番をたずね、被害届を出すに至ったのですが、
ここで言われたのが
「予兆があったのですからもう少し早めに対策をとっていれば」
ということでした。

たしかに少なくとも3度以上に渡って被害を受けたわけですから、
何らかの対策をすることはできたはずです。
しかし犯人を特定するためには1日中、
そこで監視しておくしかありません。

それを実行に移していればとも考えますが、
私には仕事もあり、また女性が1人でずっと外にいるというのは
やはり抵抗があります。

私への個人的な嫌がらせ?
しかし私がここに住んでいるということを知る人間は
どのくらいいるのでしょうか。

そう考えると、この先この家で暮らしていくこと自体に
不安が芽生え始めました。


もし防犯カメラが設置してあればと思うと悔まれてなりません。

今度管理会社に防犯カメラの設置をお願いする予定です。
みなさんも防犯には十分気を配ってください。
私の体験から言うと、
ここは安全そうだから大丈夫というのは通用しません。

私のように悔しい思いをする前に、
もう一度ご自宅の設備を見直してみてはいかがでしょうか。

 私は、よく自転車を盗まれます。ちゃんと自転車置き場に止めてチェーンもしているんですが、すぐに盗まれます。歩くのが面倒なので止めてある自転車を盗んで目的地に行き、そこにその自転車を放置する人もいるそうです。友達が自転車を盗まれたとき、数箇所の駅を重点的に探したら見つかったそうです。

 だけど、見つかるか見つからないか分からない自転車を探し回るのも大変ですよね。サドルだけを盗むといった、悪戯をする人もいるそうです。最近はできるだけ、防犯カメラを設置している自転車置き場に止めるようにしています。防犯カメラがある場所では、盗まれたことがないです。防犯カメラがある自転車置き場が少ないのが難点です。防犯カメラ 千葉で犯罪を減らしたいですね。

怖いニュースを聞くたびに、防犯って大切だなって痛感したりするんじゃないかなって思います。
どうすれば、恐ろしい犯罪を起こさないようにできるのかと考えてみた時に、防犯カメラが設置されていたら、抑止力があるんじゃないかって思います。
もちろん、防犯カメラの前でも堂々と犯罪行為は行われることはありますが、残忍な犯罪となると、何もない、死角になるところで行われることがほとんどだと思います。
空き巣だとか、万引きだとか、盗みだって、人の目が行き届かない、防犯カメラも何もないような死角になる場所で起こることがほとんどではないでしょうか。
と言うことは、死角を作らなければいいと言うことにつながると思います。
どうしても、人手を増やすとなると人件費がかかってしまいます。
でも、防犯カメラだったら、人件費も抑えられますし、24時間監視していられます。
ダミーでさえ犯罪の抑止力があると言われているほどです。
あるだけで、誰かに自分を見られているって感じてしまうのでしょう。
さすがに、誰かに見られている時に、犯罪をしようなんて思わないんだと思います。
こうやって考えてみると、どれだけ防犯カメラに犯罪抑止力があるのかがわかると思います。

住人の身を守り財産を守るため、できる限りどこにでも設置したいです、防犯カメラ 神奈川県。
神奈川県のJR川崎駅の東口地区では、警察庁の「街頭防犯カメラシステムモデル事業」
のために、神奈川県警察が街頭防犯カメラシステムを試しています。

プライバシーを侵害する などの問題視を強調する住人もいるようですが、わたし個人の
考えでは、屋外・公共の面前での行動に、そうそうプライバシーの侵害 という問題も
ないのではないか・・と思います。

それよりも、子供や女性・社会的な弱者が、汚い犯罪の被害者にされることの方が
どれだけ重要視されてよいか ととても思います。


私は、不動産の管理会社に勤めています。
以前、あるマンションでオートロックが壊される、ポストにいたずらが相次ぐなどの悪質な事件が縦続きに起こりました。
そこで、オーナーと相談して、防犯カメラを付けることになりました。
付けた場所は、いたずらをされていたエントランスと、外回りとエレベーター内です。
すると、それまで度々起こっていたことが、一切なくなったのです。
それに加えて、エレベーター内の防犯カメラもすごく安心感があると、入居者の方たちにも好評でした。
やはり、誰かに見られていると悪いことは、できないものなんだなぁと思いました。
防犯カメラの犯罪抑止力を知りましたね。
それからは、ほかのマンションなどでも同じようなことが起こると、防犯カメラの設置をすすめるようになりました。
そうすると、本当にまったくなくなるんですよ。
凄い効果だと思います。
誰も見ていないと、面白半分、悪戯心で、何かやってやろうかという気にもなるのかもしれません。
でも、見られていると、やはりばれた時のことを考えて、やらなくなるんですよね。
効果があることは、もう十分わかったので、我が家も新築した時に、カメラの設置は当たり前のように付けましたね。
こういうご時世なので、自分の身、家族の安全は自分たちで守らないといけません。
防犯カメラは有効な手段だと思います。

コンビニ店を経営している個人事業主の方でまだ監視カメラや防犯カメラを設置していないという方はいらっしゃいませんか?監視カメラは万引きなどの犯罪の防止、抑止または記録することができ、もし万引きなどの被害に遭った時には録画テープは証拠品としても使えますので、まだ設置をしてないようでしたら早めの設置をお考え下さい。

設置場所の最適な場所としては、まず入り口と店内の奥が挙げられます。レジに立っているだけでは店内の奥までは目が届きませんよね。目の届きにくい店内の奥に設置することによって万引きなどの犯罪を未然に防ぐことができます。万が一被害に遭った場合には入り口に設置することによって入店時の犯人をチェックすることができ、犯人の捜索に重要な手がかりとなります。

駐車場も最適な設置場所として挙げられます。お客同士のトラブル、事故などの監視に役立ちますので駐車場の設置もお考え下さい。

さらに重要な箇所がレジ周りです。人の少ない深夜の時間帯を狙ってのコンビニ強盗などの事件も相次いでいます。レジ周りに設置することによって、より犯人の特徴を捉えることが出来るのでレジ周りの設置は必須といえます。

店内の広さなどによって設置場所を変更することも重要です。犯罪からお店を守るためにも死角の出来ない設置方法を試してみてください。

各企業や店舗には、必ずと言っていいほど倉庫が備え付けてあります。大事な品物や道具を仕舞っておく場所であり、その会社の核となる部分です。特に実店舗では客へ販売する品物を大量に仕舞っておく場所であり、その分金目の物が多く置いてある可能性が高いですよね。泥棒もその辺はよく理解していて、重要なものが仕舞ってある場所をあらかじめ下調べを行ったりして狙ってきます。その方法も実に様々で、扉や窓を破壊して進入するケースや、重機などを使ってシャッターをこじ開けるケースもあるそうです。被害が大きければ大きいほど大変ですし、最悪の場合その企業の経営が傾いてしまう可能性もあります。

もちろん各企業もある程度の対策は行っているようです。防犯ブザーや防犯ガラスの設置はもちろん、鍵や扉を複数付けたりして少しでも犯人が盗めない・逃げられないように時間稼ぎを行う場合も増えているようですが、やはりそれだけでは不安な面も否めません。いくら装備を固めて頑丈にしても、重機などで突っ込まれるとひとたまりも無いからです。

だからこそ倉庫 防犯カメラを設置しておく必要性が問われますよね。倉庫周りはもちろん、人や車が出入りする付近や周辺などにあらかじめ防犯カメラを設置しておくと安心なのではないでしょうか。もしかすると下調べをしている不審な人物の防犯カメラ映像を捉えることができるかもしれませんし、それが後々の捜査に役に立つ可能性も高いですからね。
倉庫 防犯カメラも良いですよ。

個人情報について、今では厳しく管理がなされるのが一般的。ですが、人の力だけでそれらを管理するというのは難しいものです。
そこで役立つのが「入退室管理システム」と「防犯カメラ」です。
コールセンターなどの個人情報を扱う場所や、会社において個人情報を所有している部署などでは、これらのセキュリティが必要不可欠。もちろん、そのほかの会社や企業などでも、従業員の動きを記録することは必要なことでしょう。
「入退室管理システム」で、誰がいつその部屋に入ったのかということを記録することができますし、もちろん退室した時間も記録することができます。
また、それだけでは視覚的に不足しているため「防犯カメラ」によって、本当にそのシステムのデータが正しいのかどうかということを確認することができます。
このふたつのシステムによって、私たちの個人情報は守られているのです。
もちろん、これらの設備を設置するにはコストがかかってしまいます。ですが、個人情報の保護はそれよりももっと大切なことです。
情報社会である現代であるからこそ、個人情報をきちんと保護するために、個人情報を扱う会社では、こういったシステムを積極的に導入して欲しいと感じています。


犯罪が起こる可能性は、どこでも起こりうるが、秋葉原の事件のように、自分がどうなってもいいみたいな破滅的な犯罪以外は、やはり人気がないとか、人の目がない場所で行われる事が多いだろう。人の目が届かない場所が多く、それでいて、人の生活がある場所というとマンションだろうな。しかも今はセキュリティーの関係で、中の様子を第三者が見たいといっても許されないとか、個々の生活空間の集まりだといえる状況だ。だから、エレベーターの中や、自分と犯人以外、人が通っていない廊下、人がいない状況の屋上、夜中の地下駐車場など、人気がなくても生活はあるという状況が多くて、本当に怖いよな。だからこそ、それを防ぐためには防犯カメラ マンションが必要になるだろう。先に紹介した地下駐車場だが、ダウンタウンのまっちゃんが、うっかり閉じ込められた時のエピソードを話していたが、人が来ない限り、密室に閉じ込められた状態になるし、身動きが取れなくなってしまう。一軒家に住んでいて、屋外の駐車場を利用している俺は、経験する事が無いだけに、物凄い恐怖を感じた。そういった、誰も気が付かない空間がいくつも存在するわけで、防犯と並行して状況を把握できる防犯カメラが必要になってくるだろうな。色々と、必要な場所があるけど、ここほど重要な場所は、他に想像できないぜ。防犯カメラさまさまだぜ。

防犯カメラ ベル って効果的だと思うんですよね。侵入しようとしたら ジリリリリリリ とか急になったら驚くでしょうから、まず泥棒とか逃げていくと思うんです。

泥棒が侵入しそうな所に防犯のベルを設置する、これってとても良い防犯だなって思うんですよね。ただ本当は侵入されようともしない、泥棒を寄せ付けないってのがベストだと思いますのでね、それを考えた場合は 防犯カメラ の設置が良いだろうなって思います。

ただ防犯カメラって死角がありますしね、何台も要塞のように家中カメラだらけにするわけにもいきませんし、防犯カメラに映りにくい所とかも出てて来ると思うんです。そういう所に防犯のベルとかを設置しておくと、万が一防犯カメラをかいくぐって侵入しても、そのベルが泥棒を退治してくれるんじゃないかなって思います。

ベルで防犯をするって言うのは、そのベルが鳴りさえすればね、かなりの効果を発揮してくれると思いますから、ここから泥棒が侵入しそうだなって所とかにベルを設置して、万が一の侵入者に備えるのが良いと思います。

防犯ベルが設置してあるかどうかって言うのは外からは分からないでしょうし、ベルが鳴ると泥棒を驚かせますし、「泥棒だ!」ってのも住人に分かりますのでね、ベルって思っている以上に良い防犯効果になるんじゃないかなって思いますよ。

資材置き場の防犯も忘れずに!

私の家もそうなのですが、自営業であったり会社を経営していたりする場合、仕事に必要となる資材を置く倉庫や資材置き場があるのではないかと思います。

基本的に、必要となった時に材料を取りに行くだけなので、あまり頻繁に人の出入りがあるところではないですし、ひっそりとしている事が多いのではないでしょうか。

そういうところを嗅ぎつけてやってくる泥棒などもたくさん存在します。一時期、頻繁に資材などが盗まれたというニュースが流れていましたよね。

実際、私の家でも被害にあいそうになった事があります。私の家の周りには仕事に関するものがたくさん置いてあるのですが、ある時私の父が泥棒らしき人物と鉢合わせになったようで驚いていました。

何かを持ち去ろうとしていたようですが、父と遭遇した事で諦めて去って行ったようです。その時は何事もなく良かったですが、もし凶暴な泥棒であったらと思うと、今でも怖くなります。

泥棒は人気の無い資材置き場などから、悠々と資材をごっそりと盗んで換金してしまうのです。
このようなことから、防犯カメラ 資材置き場もきちんと注意しなくてはいけないなと思いました。

防犯に役立つものと言えば、防犯カメラですよね。 家や会社の防犯はもちろん重要ですが、資材置き場の防犯にも力を入れるべきだと思います。

犯罪の抑止力にもなりますし、万が一被害に遭ってしまったとしても、いち早く犯人を見つける手段として、防犯カメラを取り付けることは重要ですよね。

防犯 の周辺機器は色々あります!

息子は元々電気の事が好きで何かにつけて尋ねています。コンピューターの事も今こうして色んな初歩的なことが出来るようになったのも、息子のお陰です。最近、そんな息子に色々聞いているのが、防犯カメラの防犯カメラ 周辺機器のことです。息子は忙しい時は全く話に乗ってくれませんが、今回は自分も興味があるのかいろいろと調べてくれて相談に乗ってくれました。今やネットで色々調べられるのではどれが良いかと相談すると一番良さそうな周辺機器を探してくれます。暇だと家まで来てそれを取り付けてくれます。折角防犯カメラを設置するなら、100%有効に機能を発揮して働いて欲しいので其のための周辺機器はきちんと設置したいものです。息子は技術が好きなので自分でどんどん新しい分野を吸収しているようなので、その辺の相談をするにも助かっています。家の場合はどれが一番良いか、こんな良い周辺機器もあるけど、と提案もしてくれます。本当はもっと近くに住んで欲しいのですが、こればかりは仕方ありません。息子が家に帰って来ると判っている時は、色々リストをして直してもらう事や尋ねることを忘れないように心がけるようになりました。今度来る時は、玄関先に取り付ける機器はどれが一番良いかを尋ねるつもりです。